舞鶴市立倉梯第二小学校

5年生のページ

 ◇学年便り◇
  ・・・毎月配布している学年便りのネット版です。



 <2学期>

 □ 2学期を振り返って


 様々な行事を通して、心も体も一回り以上成長させた子どもたち。それぞれの思いを持ちながら2学期の終業式を終え、家路に着く子どもたちの背中を見送りながら、色鮮やかな思い出がよみがえりました。

 高学年としての役割を果たしながら、難しい演技にも挑戦した運動会、歌に合奏にと、さらにレベルが上がった曲に挑戦した音楽集会、自己新記録を目指して取り組んだマラソン大会、チームメイトと高め合いながら勝利を目指した陸上大会、駅伝大会、そして綱引き大会。それぞれの行事を通して学んだことは、3学期からさらに大きくはばたく原動力となるでしょう。

 さて、冬休みは1・2組合同で、あるテーマを掲げました。それは
「継続力」

 2学期で身に付けた力を3学期につなげていくために、冬休みも毎日しっかりと継続していく。
 特に「自主学習」については、1日何ページをするか自分で決定し、計算をして冬休みで何ページできるかを全員確認しています。それを実践できるよう、保護者の皆様には「決めた分はできた?」と、言葉かけをしていただければと思います。

 3学期のスタートを気持ちよく切ることができるよう、14日間の冬休みを有意義に過ごしてほしいと思います。

 最後になりましたが、今年も保護者、地域の皆様には大変お世話になり、誠にありがとうございました。皆様、よいお年をお迎えください。そして、いよいよ6年生になる2020年が、子どもたちにとって飛躍の1年となるよう、ご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。


[ 東消防署の方によるPUSHプロジェクト]


[ 2学期最後の体育はバスケットボール]


[ 男女ともに白熱していました ]





□ 運動会


 高学年として挑み、努力してきた運動会。1人1役、競技や演技に参加するだけでなく、自分自身が運動会の運営に関わっているという気持ちも大切に、子どもたちは毎日を頑張ってきました。
 今、自分が何を頑張らなければならないのか、みんなのために自分にできることは何なのか、それらを考え続け、そして表現し続けてきた運動会の期間だったと思います。

 ブリッジや逆立ちを家で練習してくる人、音楽を何回も聞いて千手観音の手の出し方を練習する人、昼休みに友達と誘い合い何度もダンスを踊る人、下で支えてくれる人を100%信頼して頑張ろうと思う人、上の人が不安に感じないように下でしっかりと支えることを努力をした人、5人6脚でも声を合わせて楽しく競技しようとした人…。

 そのそれぞれの頑張りがあったからこそ、練習でも本番でも子どもたちを何倍も大きく、そして輝いた存在にしていました。1人1人、本当に美しく、格好良かったです。

 運動会後、さっそく「次の目標」について尋ねました。この運動会での経験を何につなげていくのか、次は何を頑張るのか。大きな目標でも、小さな目標でもよいと思います。それを立ててもらいます。

 「目標が、その日その日を支配する」

 大きな行事が終わり、一回りも二回りも成長した今だからこそ、次に何を頑張るのか、これを大切にして、毎日を確実に歩んでいきたいと思います。

 保護者、地域の皆様、あいにくの天候となった場面もありましたが、様々な方々の協力により、子どもたちのとっても、思い出に残る運動会となりました。本当にありがとうございました。


[ 入場行進 ]


[ 徒競走1 ]


[ 徒競走2 ]


[ ハウメニハウメニゴー1 ]


[ ハウメニハウメニゴー2 ]


[ ハウメニハウメニゴー3 ]


[ 集団演技1 ]


[ 集団演技2 ]


[ 集団演技3 ]


[ 集団演技4 ]


[ 集団演技5~花・朝顔~ ]


[ 集団演技6~ダンス~]




 □ 社会見学

 9月の終わりにあった社会見学の様子です。教科書や資料集だけでは学ぶことができない生の工場見学をさせていただく中で、新たな気付きを持ったり、学びを深めたりする様子がありました。
 その中で、いちばん感心したのは、5年生全員で、よい雰囲気の中で学ぼうとする気配りや思いやり、友達への言葉かけでした。
 この経験や学びを何につなげていくのか、そこまでしっかりと考えてこれからの学習に励んでいきたいと思います。


[ ダイハツにて … とても丁寧に教えていただきました ]


[ダイハツにて … 自動車づくりの歴史 ]


[ ダイハツにて … 真剣に話を聞いてメモをしています ]


[ ダイハツにて … 夢の自動車を設計します ]


[ 朝日新聞社にて … 工場での作業を解説した映像です ]


[ 朝日新聞社にて … この大きな紙が新聞の元になる! ]





<夏休み>
 

 □ 暑中お見舞い申しあげます


 7月24日(水)から倉梯第二小学校でも夏休みとなりました。子どもたちは学校から離れ、多くの時間を家で過ごすことになります。宿題は計画的に進め、学習以外でも充実した夏休みにできるようにしてほしいと思います。

今年の5年生の夏休みのテーマは、
<家で勉強をするクセを付けよう!>
です。

 学校での学習時間がなくなるこの夏休み。その時間を有効に使って、きっちりと家で学習をする習慣を身に付けてほしいと思います。
 ご家庭でもぜひ、このテーマをふまえた言葉かけをお願いできればと思います。

 習慣付けのために、ある数字が重要と聞いたことがあります。
 それは「3」という数字です。
 「3」日坊主、石の上にも「3」年など習慣付けにかかわる言葉にも、「3」という数字が使われています。
 今年の夏休みは「33日」。学習や読書、片付けなどの行動習慣を身に付けるにはぴったりです。

 夏休みを通してさらにたくましくなった子どもたちに会えるのを楽しみにしています。


<ミニ運動会…ペアで二人三脚です>


<ブックトーク>


<ヘチマ、すくすく>


<自由研究に困ったら学校のヘチマを観察するのもいいかも>


 
 
<1学期>

 

□ 野外活動(6月26日~27日)

 今年も宮津市の京都府立青少年海洋センター「マリーンピア」で野外活動をさせていただきました。

 ゴールデンウィークが明けてから本格的に準備を始め、実行委員会の発足、各長の役割、キャンプファイヤーでの出し物など、一人一人が主体的に活動できていたと思います。

 当日は2日間とも、天気が大変心配なところではありましたが、無事にすべてのプログラムを実施することができました。

 野外活動が終わるまでは、楽しく過ごしたいと考えていた私たち教員も、いざこうして行事を終えてみると、野外活動を通して得た一つ一つの経験をもとに、これからの自分に何が必要なのか、今一度考えるきっかけとなるような時間になっていてほしいと思っています。

 野外活動での思い出を次なる成長につなげていけるように、振り返りの時間をしっかり充実させていきたいと思います。


[練習も真剣]


[入所式]


[最初の活動はアスレチック!]


[夢中です]


[野外炊飯…真剣な表情]


[おいしいカレーのできあがり!]


[キャンプファイヤー…誓いの言葉はとてもかっこよかった!]


[キャンプファイヤーを盛り上げた伝説のギターデュオ]


[頑張って漕いでいます]


[むずかしかったですが息を合わせるとぐんっと進みました]

R1yakatu
[帰りのバス…おつかれさま!]
Copyright(C) 舞鶴市立倉梯第二小学校. All right reserved.