舞鶴市立倉梯第二小学校

小中一貫教育の本校における取組


 

中学校生活体験  5月24日(木)

 小中一貫教育の取組として、中学校に行って一日を過ごしてきました。なれない校舎に戸惑う姿も見られましたが、次第に慣れていく姿に適応力の高さを感じました。

 普段は45分授業ですが、中学校は50分授業です。また、小学校では2時間目と3時間目との間に25分の休み時間がありますが、中学校にはありません。かわりに授業と授業の間の休憩が5分間ではなく10分間あります。そういった一日の時間の流れの違いを体験し、来年度以降の中学校生活に期待をふくらませました。

 他の小学校と合同で音楽の授業をしました。リコーダーを使っての合奏や、「つばさをください」などの合唱に取り組みました。はじめこそ、お互いに少し緊張しながらリコーダーの合奏や合唱に取り組みましたが、だんだんと緊張もほぐれ、笑顔が見られました。

 中学校に進学すれば同じ学年の仲間として過ごすので、今後もこのような機会を通してお互いに仲よくなってほしいと思います。

   

 中学校の教室で英語の授業です

     こちらは休み時間。
    他校の児童と話が弾みました。
   

 待ってました!中学校の給食はお弁当です。

 配膳室は一方通行です。

   

   ご飯のおかわり最高です!
  本当においしかった!

 中学三年生の手形・・・大きい!
   
 合同で音楽!とても上手でした!  

















Copyright(C) 舞鶴市立倉梯第二小学校. All right reserved.