舞鶴市立倉梯第二小学校

体重測定の時の保健指導だより

 本校では、身長・体重を測定する時間
に、10分程度のミニ保健指導を行っています。

 


―9月の保健指導は-

テーマ「防災を考える」

 

台風、地震、暴風など、年々大きな災害が日本列島を襲っていますね。子どもたちも、いつどんな災害に出会うかわかりません。

91日は、防災の日。自分の身を守るためにはどうしたらよいかを考えました。



あなたならどっち?
 

火災

  家が火事だ~。逃げる時は?

1. 息を止めて走る。

2. 姿勢を低くして進む。

地震

 グラッときたら一番にすることは?

  1. 火を消す

  2. 自分の頭を守る。

落雷

 雷が鳴ったら逃げる場所は?

  1. 大きな木の下
  2. 建物の中

                        


答えは、すべて「2」


 子どもたちは、どの質問にも正しく答えていましたが、突然、災害が起こったらどうするかわからないと言っていました。

 学校では、避難訓練をしていますが、家庭にいる時の避難について、今一度お子さんと話しておいてください。


           

竜巻の場合は・・・

一階の窓のないところに移動しましょう。

くれぐれも窓のそばで、外を見ているのは、

やめましょう。  
 






―6月の保健指導は-

テーマ「歯をそうじするもの」

 

歯を掃除するものと言えば、「歯ブラシ」です。でも昔の人は、このような木の枝や竹の棒を使って歯を掃除する道具を作っていました。

 

では、動物はどうやって掃除しているのでしょうか?

 
 


  【問題】
A③何もしない


生の肉や葉、草、の実など、硬いものを食べているので、食べかすが歯につかず、自然と掃除されてしまうそうです。(動物園の動物は、また別ですが・・・) 



 他にも私たちには、自然と歯をそうじしてくれるものが備わっています。それは、だ液(つば)です。

    「歯の汚れを洗い流す」だけでなく、虫歯予防にも一役買っています。

ファーストフード

噛む回数

平均562 

 

和食

噛む回数

平均1019回

 

噛みごたえのある食事もお願いします。
       
     







 

―平成30年度4月は-

 テーマ「運動器検診って、何?」

 

新しい年度が始まりました。1学期のうちは、たくさんの検査があります。その中に運動器検診というものがあります。内科検診の中で行っています。

運動器とは、筋肉、骨、じん帯など体を支え動かす部分を言います。

問題1     A.子どもが多い

          

成長するにつれ、骨同士がくっつき、

数が減るそうです。

問題2    

A.ヒラメ筋

ふくらはぎの内側にあります。



最近の子どもは、スポーツの習い事などを小さいうちから始めているため、肩や肘、腰などを痛めるケースが増えています。その反面、全く運動をしない子どももいて、体が硬くけがもしやすくなっています。

体を軟らかくするためにストレッチも紹介しました。簡単なので、習慣づけてください。

Copyright(C) 舞鶴市立倉梯第二小学校. All right reserved.