舞鶴市立倉梯第二小学校


体重測定の時の保健指導より


 本校では、身長・体重を測定する時間に、10分程度のミニ保健指導を行って
います。




―11月の保健指導では-

 テーマ「歯並びを悪くするのはくせ(・・)




まずはクイズから

Q.一番歯の数が少ない生き物はどれ?

   1、人間

   2、鳥

   3、ねずみ

  

答えは、鳥です。

  鳥は、歯が1本もないため、エサを丸のみします。食べたエサは、砂のうという砂や石の入った胃袋のようなところに入り消化するそうです。

 

 
◎人間は胃に砂はありません。歯でしっかり噛む必要がありますが、歯並びが悪いとうまく噛めないことがあります。 


歯並びが悪くなる原因は、あごが小さい、乳歯のむし歯と言われていますが、日常の何気なくしているちょっとした癖からも悪くなることがあります。

   
    

例えば、

頬杖、うつぶせ寝、片噛み、舌や唇の癖など

 
長く続けていると、知らず知らずに歯が押されてしまうのです。
気をつけていきたいです。



※ちなみに、寝転んでテレビを見ている図を見て「お父さんがしとってや。」という子どもが多数いました。大人でもこのような癖をしていると、歯並びは悪くなるそうです。

ご注意を!


Copyright(C) 舞鶴市立倉梯第二小学校. All right reserved.